2018年8月7日

この教室の特徴の一つは、本気集中講座ゆえの授業時間の長さです。長時間で高密度の環境に強く惹かれてお越しになる方を対象としています。

学びなおし英語講座(大阪)は一回あたり4時間半ですが、実質は5時間あります。なお、TOEIC対策クラスは一回3時間。

・・・ですが、そう書くと、ドン引きする方っていらっしゃるのでしょうかねえ?

「授業内容は魅力。意識高い生徒さんが集まっているのも魅力」

「でも、私は英語が嫌いなんで♪、毎回1時間の授業だったら受講しても良いけど、毎週3時間も4時間もあるなんて無理~✩」

 

生徒募集をしていていつも思うのは、このように一回の授業時間をとにかく気にする方の多さ。

要は、やる前からすでに気持ちが負けている方ですね。

対象層が挫折を繰り返している、初心者レベルの中でも「超」がつくレベルの大人の生徒さんというのが理由の一つでしょう。

授業時間を過剰に気にする方に共通しているのは、英語学習に対してネガティブな感情のお強い方が多い。英語なんか嫌いゆえ。

語学はグローバルなもの、伸びやかに拡大&発展していく気質がありますが、英語に対してネガティブな感情が強い方はこのご思考が乏しい方が多い。

極度に狭い世界で生きてこられた人生の方が多いなと(だから変わることができない)。

視野の狭さゆえ、「英語は世界70億に向けて自分の意思を発信するゲートウェイ(連絡橋)」というご思考が弱い。もしくはゼロに等しい。

英語センスがありとかなしっていうのは、島国の日本にいてもこの発想をお持ちかどうかの違いではないかと私は思っています。

 

で、話は戻り、長時間の授業が嫌なご理由は何か?

「長時間は集中力が続かないから」「疲れるから」というのがご理由のようですが、本当にそうでしょうか?

まあ、そりゃ疲れますよね。そのとおり。でも、短時間でも疲れますよ。通学時間だってありますし、毎週毎週のことですから。

本当に今度こそ英語ができるようになりたいと思っているのであれば、もういつまでもそこばかり見るのはやめませんか?

いやいや、長時間の授業にはとてつもないほどの魅力、ありますよ。

「長時間の授業は語学学習に必要な集中力をつける、自分一人ではできない貴重なトレーニングになる」

いかがですか?

TOEIC界のカリスマ講師である、新宿にある花田塾の花田徹也先生が授業でおっしゃっていたことばにピンと来て、私の中でスマッシュヒットしたことば。花田先生に感謝!

ちなみに、花田先生の直前対策授業は一日軽く5時間を超えます。

「(この対策の長時間の授業で)これだけ集中的に訓練しているわけですから、本番の2時間の試験なんて楽ですよ」と実際に先生はおっしゃっていました。

これ、まさにその通り。激しく同意。本当にそうです。まあ、一日6時間近い授業を受けても、実際のTOEICの試験は2時間であっても十分キツイのですが、それでも耐性はつきます。

 

繰り返しますが、語学習得には集中した環境での学習時間の蓄積は必須項目です。

ですが、現実的にこれをご自身のお力で環境を作り出して、計画的な英語力を身につけるのは難しい。

だからそのような環境を提供している教室で学んでいただきたいのです。

「そう思う!」と思ってくださる方、ぜひこの教室にお越しいただきたく思っています。次の生徒さんになっていただきたく思っています。

 

◆次回開講クラスのご案内です!

次回の中学英語からの学びなおし英語・集中クラスのご案内(東京 新宿&千代田区・大阪 北浜)

 

東京新宿|大阪北浜・淀屋橋
社会人対象
大人初心者の英語文法教室 Clear Colors
(基礎から学べるやりなおし英語塾)
●中学英語からの学びなおし講座
●TOEIC対策講座
https://www.clearcolors-japan.com/