2015年3月23日

過去のアメーバブログの記事を掘り起こしてみたところ、普段みなさんに言ってることは一貫していることに気づきました。

スタンダード準備講座の授業で「学習目的と到達ゴールを作ろう!」の課題を出したことをこのブログで投稿しましたが、私、2年前から同じことを言っていました。

改めて当時の記事を読み返して思うのは、まだまだ遠慮気味ですね。

当時の私は、講師としての意識が強すぎて、講座運営者としては幼稚でした。ですが、その分純粋でしたね。懐かしさを感じるのは・・・・私は年老いたか(笑)。

2013年8月に投稿した記事を公開します。これから出会うみなさんをイメージしながら投稿していた頃です。

タイトル: What’s your goal? 目標設定の大切さ
(2013年8月アメーバブログより)

「中学英語からの学びなおし講座」、猛暑のこの時期から活動開始。ゼロから始めるPR活動。準備期間はしっかりと。

この講座にご関心があり、引き続きご意見をいただける方たちにお会いしてお話を伺っています。とても新鮮ですね。感謝です。

先日改めて実感しました。

この講座には、明確なゴール設定が必要だと。講座を終了した後に、自分は英語で何ができるようになるのか。これをバシっと伝えることができる講座にしたいですね。

私は生徒の頃からたくさんの英語学習者さんたちを見てきました。

「英語ができるとカッコイイな」「今のご時世、英語ぐらいはできないと」という気持ちでスタートされる方が多いのですが、これでは範囲があまりにも広すぎ。

残念ながらほとんどの方は途中で挫折するのが現状です。

英語学習が続かない、長年続けても一向に英語ができない最大の理由は、手に届く具体的な、または差し迫った目標がないからです。

だから仕事が忙しくなったり、他に気になることがあると英語学習への優先順位が下がるのですね。後回しでもいいやとなる。

今、英語を勉強しなくても明日の生活に支障はないしと思ってしまうのです。

大手も中堅も個人英会話スクールも今の時代、どこも生き残りを賭けています。

それゆえ以前に比べ生徒さんにとっては心地よいと思う受講システムのレッスンが増えました。

たとえば生徒さんのご都合をほぼ100%聞いてくれるレッスン。実はそのシステムは昔からありましたが、最近は範囲が広い。土日も含め早朝から夜遅くまでレッスンを受け付けてくれるスクールもあります。

でも「いつでも行けるレッスン」はしっかりした意思が必要。「そのうち連絡しよ」と思っているうちに後回し→自然消滅に。

大人の学習は人それぞれ価値観があり難しいところですが、初心者の方の英語学習に関してはある程度のレベルに達するまでは、我々プロがしっかりとグリップした方が、結果として最短で効率よく目標が達成できると思っています。

20130809_173532

2013年8月。御堂筋本町の交差点から東の方向(堺筋本町)を見たショット。真夏の空。当時の私はオフィス街の空の写真をよく撮っていました。

人生の再出発を試みては思うようにいかず、失敗を繰り返していた頃。Clear Colorsの原型を作り始めていた時期です。

なお、Clear ColorsのClearには浄化(=Clearing)という意味も込めています。

空の写真を撮るときは必ず上を向きます。「人生なんて一生懸命がんばってもこんなものか」と下ばかり向いていた時期。だから、空の青を見上げることで心の浄化と、無限に広がる希望を信じていたのでしょう。

 

 

中学英語からの学びなおし講座
大人の学びなおし英語塾(英文法) Clear Colors

http://www.clearcolors-japan.com/

casestudy1_3