2017年4月10日

先日の記事で、わずか7ヶ月でTOEIC230点⇒500点超を達成したTOEICクラス受講生のLisa。さっそく今のお気持ちをご感想にして書いてくださいましたよ。

驚異的に点が上がったから、喜びいっぱいのキャッキャウフフあふれるご感想?いやいや、まさか。そんなはずはありませんよ。学びなおし英語講座とは違いますよ。

確かに驚異的なスコアアップを達成していますが、500点を超えたことでようやくやっと対外的に評価される程度。これでやっと現実がわかったようですので、現実的な内容ですよ。

さて、Lisaのメッセージの中には、「当初、TOEIC対策を始めたころは(考え方が)甘かった」と書かれています。

Lisaは集中クラスの終了生ですので、英語学習に対する基礎体力はついていました。

ですが、学びなおし英語とTOEIC対策はまったく異なります。集中クラスを神格化しすぎる方は、決まって次のTOEICで早々に折れます。夢見る夢子ちゃんだからです。

Lisaもまあ、そのうちのひとりだったのかな?

しかし、まあ、何ですねえ。ご自身からご受講を希望してお越しになっているのに、量が多いとか色々と思っていたようですねえ、最初の頃は(←Lisaご本人の話より)。

なんかよくわかりませんが、当初はやらされている感もあったとか、なかったとか。

あのですね、こんなことを思っていたのであれば、人に依存していた証拠。甘い、甘い、甘すぎる。これでは伸びませんって、何をやってもどこに行っても、だれが教えても・・・。

学びなおし英語は一度学んだことを取り戻す学習。その上、スコアで数値化はされないので、対外的にジャッジされることはありません。つまり、どこまで行っても自己満足の領域。

ですが、TOEICは資格対策。明確に数値化され、対外的に評価されます。つまり、ジャッジされます。

だけど、TOEIC対策はそんなに甘いものではありません。学びなおし英語講座の感覚でスクールに通っているだけで、勝手にスコアなんて上がりません。上がるわけないのです。

さて、そんなLisaの当初のTOEIC対策クラスの受講目的は2つ。

お仕事で英語力を求められる機会があることにプラスして、会社では毎年TOEICスコアの表彰があり、ご自身もその対象となること。

当初の目標はスコア合計400から。達成できたら500と徐々にアップ。開始時点のスコア(合計230点)から考えると、人の数倍負荷がかかるのは仕方なかったのですが、それにしてもよく折れなかったこと。

折れなかった理由は、スコアが400点台に達してから。最初のミラクルを達成したときですね。

スコアが上がることで、最初の2つの目的の達成が可能になるだけではなく、さらに人生の選択肢が増えていくことが体感できたからのようですよ。

◆わずか7ヶ月で275点(230⇒505点)のスコアアップしたLisaからのメッセージです。

①500点突破して、まずはご感想をどうぞ。

とりあえずの目標にしていたスコア達成で、やっぱり嬉しかったです。

停滞期で、スコアがあがらなくて伸び悩んでいた頃の苦しさが、スッーと消えていきました。


②TOEIC対策を本格的に始めた頃に比べて、ご意識の変化は?

今から考えるとTOEIC講座を始めたばかりの頃は、甘かったなと思います。

でも、点数アップのたびに、やったことの効果を感じ、やらなきゃ伸びない、だから勉強しようと自分から取り組むようになりました。

そしてもうひとつ。

「『TOEICは転職や就職だけのもの。だから私には関係ないんで』と思っている人が多いのですが、今のご自身もそう思いますか?」という私の質問に対し、

「いえ、それだけのためのものではないと思います」とお答えになったLisa,

そんなLisaのメッセージをどうぞ。

半年間、第一優先でTOEICの勉強をしました。

就職、転職のためのものと言われがちなTOEICですが、スコアで目標を明確に設定でき、それに向けてトレーニングできます。

また、スコアがでることで自分の伸びを測定でき、モチベーション維持ができますので、とてもわかりやすいテストだと思います。

今回、TOEIC500点突破となりましたが、まだ断片的に聞き取れ、簡単な文章が読み取れる程度、世間で評価されるスコアでもありません。

また、仕事で通用する英語には程遠いのを実感しています。

TOEICのスコアにもこだわり、仕事で使える英語を手に入れるためのツールとして、次のステップに向けて、気を緩めずに進んで行きたいと思います。

いかがでしたでしょうか?

多くの方、とくに初心者レベルの方ほど、TOEICテストを大きく誤解しているご印象があります。

テスト内容のことを知らないのに、「私には必要ないんで」とばさっとおっしゃる方が多く、さすがにがっかりすることもあります。

TOEICは単に転職や就職だけのものではないのですが・・・?

ご自身の英語力を数値化して示すので、対外的な信用を得ることができます。ご自身の英語力を明確に示すことで、手に入るギフトは大きいのに、それを受け取ろうとしない方が多い。

英語を聞く力と読む力が同時に上がるってすごいことですよ。単に英語で仕事をするだけでなく、英語で日常生活もできるようになるんだから。その結果、ご自身のチャンスが大きく広がります。

Lisaはご自身のスコアが上がることで、私の話は本当だということがわかったようです。これががんばれる大きな原動力になっているようです。こういう方は伸びますね。

テストとはいえ、させられている感がまったくないですから。

さて、そんなLisaの次の目標は早期で600点突破。

600点は全受験者平均点を超えますので、ようやく履歴書に書けるスコアです。世間的にはまあまあ英語ができる最初のレベルとなります。

ですが、残念ながら達成までには数回大きな山を超えないといけません。これまで2回ミラクルを成し遂げているとはいえ、今度はそれほど甘いものではありません。

だけど、これまでとの大きな違いは、「やらされている感」はもうないこと。点が取れるのも、取れないのもご自身次第ということが前提で勉強していること。

Lisaのスコアが上がるということは、同時に私は自身の役目を終える日が近づいているということでもあります。

もちろん寂しいですが、英語中級者のレベルに到達した生徒さんたちを送り出すことは、それ以上にうれしく光栄あることだと思っています。


★230⇒500点を成し遂げたLisaの記事はこちら↓↓↓です。
●ミラクルagain! TOEIC230⇒500点台達成。2度目のブレイクスルーです(Lisa)


★5月から始まる新クラスのご案内です。現在Lisaが受講しているクラスとは大きく異なり、「超」入門クラスですので、ご安心してお越し下さい。残席1ですよ。

TOEIC対策講座(入門クラス)のご案内

 

大阪北浜・淀屋橋
初心者向け英語文法教室 Clear Colors

(基礎から学べる大人の学びなおし英語塾)
●中学英語からの学びなおし講座
●朝活英会話講座 ●TOEIC対策講座
http://www.clearcolors-japan.com/